CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 父の日なので父の話 | main | スノードームたち >>
梅雨空も晴れるような笑顔
家から道路を挟んだすぐ向かいのドラッグストアへお水を買いに行きました。
そこの20代くらいの店員さんはいつも気持ちのよい笑顔で接客してくれる。
いわゆる営業スマイルなのに、義務感や媚びはまったく感じない。
たぶん彼女自身が「仕事を楽しんでいる」からだと思われ、その気持ちよさが客としてのわたしにも伝わるのだと思う。
女は愛嬌というけれど、彼女はそれにぴったりだ!と、密かにファンなのだ。

そしてその帰り。道路を渡ろうと4リットルのお水を抱えて
車の列が途切れるのを待っていたところ、
そこは横断歩道がないので、車は当然止まってはくれない。
けれども、先の信号が赤になったために車の流れが緩やかになり、その隙をみて渡ろうとしていたら、一台の車が止まってくれた。
運転手は60代くらいのおばさまで、「赤信号だし、どうせ止まるのだから」という感じで、にっこりと笑顔でわたしを促してくれた。

梅雨空の鬱陶しい日に、湿度が一気に下がるような爽やかな出来事だ。
わたしもそんな余裕あるひとになりたい。
そして今度からはちゃんと横断歩道を渡らなくちゃね。
(サンキュー事故にも気をつけよう)

さて、最近のお仕事掲載誌です。
・anan1565号
・ダカーポ608号
・パンプキン7月号
・月刊ハウジング8月号
・アテニア7月号
・美的8月号
| - | 14:25 | - | - | pookmark |